Home > 製品情報 - サーボモータ/ドライバ/コントローラ > ACサーボドライバ TAD88シリーズ

TAD88シリーズ | ACサーボドライバ 

様々な特徴を備えて、
ACサーボドライバが新しく生まれ変わりました。

  • サーボセットアップツール『Motion Designer Drive』
  • 簡易コントロール機能
  • オートチューニング機能
  • 高精度制御
  • コンパクト & デザイン

ACサーボドライバ

ラインナップ

紹介動画

サーボセットアップツール『Motion Designer Drive』

新開発Motion Designer Drive は、TAD88シリーズ用の新しいサーボセットアップツールです。
・オートチューニング機能
・パラメータ設定機能
・波形モニタ機能
・JOG運転機能 など
サーボ調整や試運転をパソコンの画面上で簡単便利に行うことができます。

サーボセットアップツール『Motion Designer Drive』

簡易コントロール機能

「TAD88シリーズ」はシーケンサやコントローラ無しで、最大128ステップの入力による動作プログラムを設定することが可能です。

簡易コントロール機能

Control Workspace(操作)とView Workspace(モニタ)のTwin Workspace 方式により状態をモニタしながら操作できます。

操作画面

業界初のアラームレコーダを搭載

システム動作中のアラームは全て自動的に記録するので、不具合箇所も瞬時に特定が可能です。記録するログは次の3点です。

  • アラーム発生日時※
  • アラーム番号
  • アラーム発生時データ/位置、速度、電流、負荷率、駆動電圧、基板温度

アラームレコーダを業界で初めて搭載しました。カレンダーと時計機能を内蔵し、アラーム発生時の日時とデータを自動で保存。エラーからの復旧時の不具合原因究明が簡単に活用できます。
※TAD8810シリーズはアラーム発生日時は記録されません。

オートチューニング機能

オートチューニング機能搭載で、シーケンサやコントローラからの指令を忠実に再現する調整が簡単に。

オートチューニング調整前

オートチューニング調整後

周波数解析(FFT)表示はメカ共振点の特定に威力を発揮します。

モータにかかる負荷やインポジションの範囲などの設定も、対話形式で順番に誘導してくれるため入力操作が簡単。

オートチューニングウィザード画面

高精度制御

高精度の制御が要求される制振制御も可能。
対応モータは各種センサを選択でき高精度制御が可能。

  • センサ:シリアルエンコーダ(17bit、 23bit)、インクリメンタルエンコーダ、ブラシレスレゾルバ
  • ネットワーク:SV-NET、RS485、ModBus

コンパクト & デザイン

業界最小クラス
高級感のある外観は、コンパクトながら、使い勝手の良さも兼ね備えたデザインです。

  • TAD8811外形サイズ
    400W :43(W)×145(H)×160(D)mm
    750W :63(W)×145(H)×160(D)mm
  • TAD8810外形サイズ
    30(W)×116(H)×90(D)mm


ACサーボドライバ TAD88シリーズ に関するお問い合わせ・各種窓口

  • 購入
  • 製品・技術
  • その他
  • コンプライアンス相談窓口
  • 該非判定書