Home > 製品情報 - レゾルバ/シンクロ > VR形レゾルバ冗長タイプ(Doublsyn)

VR形レゾルバ冗長タイプ(Doublsyn)

冗長性を備えた小型VR形レゾルバ

Doublsyn(ダブルシン)は、従来のVR形レゾルバの特長である扁平・高信頼性・耐環境性能に加え、高い精度と耐ノイズ性、冗長性を備えた新たなタイプの回転角検出用のセンサです。
お客様のモーションコントロールを高い精度で実現するとともに、モータの小型化や冗長化に貢献します。
Doublsynの信号は、R/D Converter(VRDC)でデジタル変換することが可能です。

VR形レゾルバ冗長タイプ(Doublsyn)

特長

高精度な角度検出を実現
2種類の角度出力に含まれる誤差が双方の誤差を打ち消し合うため、高精度な角度検出を実現します。
耐ノイズ性の向上
位相変調(PM)方式を採用することで、ノイズ耐性を向上します。
冗長機能
2相励磁/2相出力の4相の信号のうち、いずれか1相が断線しても角度情報を出力し続けます。

ラインナップ

形式 TSY7020 TSY7030
ステータ外径 Φ52(0/-0.04)mm Φ101(-0.005/-0.045)mm
ロータ内径 Φ25(+0.048/+0.018)mm Φ45(+0.048/+0.018)mm
積層厚(ステータ・ロータ共通) 4mm
入力電源 3V p-p, 10kHz
機能 VRS(2相励磁/2相出力)
軸倍角 4X(4X以外にも試作が可能です)
変圧比 0.2±8%
精度(幅) ±7.5′ MAX
入力インピーダンス 45Ω ±10% 75Ω ±10%
動作温度範囲 -40 to +150℃
許容回転速度(機械角) 30,000 min-1
ステータ質量 50g 120g
ロータ質量 15g 25g


VR形レゾルバ冗長タイプ(Doublsyn)に関するお問い合わせ・各種窓口

  • 購入
  • 製品・技術
  • その他
  • コンプライアンス相談窓口
  • 該非判定書