Home > 製品情報 - レゾルバ/シンクロ > 耐環境型レゾルバ(位置検出システム)

多極・複速度のシンクロ/レゾルバ

角度検出の極限にいどむ

今、長さはナノメータ時代、角度は秒の時代です。

特長

  • 高精度が得られます。
    1X-128X系で±0.001度以下
    (ROM補正にて±1秒(0.5秒rms)以下)
  • レゾルバ/デジタル変換器と組み合わせて高分解能絶対位置信号がデジタルにて得られます。
    (1X-128X系にて最大23bit分解能(0.15/1LSB))
  • 温度や振動等の環境に対して安定しています。
  • 従来の腹側系検出システムにマルチスピードレゾルバを使用することにより、ギヤトレインが不要となり検出制度が向上します。
  • パンケーキタイプ(ケースやベアリングを持たない薄形タイプ)ですから検出軸とのダイレクトカップリングが可能となり、プレキシブルカップリングによる検出誤差がなくなります。

精度1秒/精度データ例

精度1秒/精度データ例

角度概念(秒オーダの角度の世界)


α角度 x人間の高さに相当する距離
10000秒(2.8度) 35m
1000秒(0.28度) 350m
100秒(0.028度) 3.5km
10秒 35km (東京 ←⇨ 八王子) (飯田 ←⇨ 伊那)
1秒 350km(東京 ←⇨ 京都)
0.1秒 3500km(沖縄 ←⇨ 北海道 稚内)
0.01秒 35000km(静止衛星までの距離)

角度概念

多極・複速度のシンクロ/レゾルバ に関するお問い合わせ・各種窓口

  • 購入
  • 製品・技術
  • その他
  • 該非判定書