多摩川精機株式会社

home

TOP > トラックボール

トラックボール

track-index.jpg

トラックボールは手のひらや指でボールを任意の方向に回転させることで、簡単かつ正確な位置制御を可能とする装置です。
このトラックボールはジョイスティック、ライトペンなどに代わって使用されるもので、スムーズにかつ連続的にトラッキングさせることができます。

トラックボールの原理構造(接触式:エンコーダタイプ)

ボールは左右、下側をボールベアリングまたは軸で受ける構造により、あらゆる方向にフリーに回転します。ボールに接する検出軸を90度ずれた位置に2個設置し、フォトセンサにより検出した回転量をX、Y方向の電気信号として出力します。

トラックボールの原理構造

一つ前のページへ戻る

∴PageUp↑

PDFカタログ

1.4INCH TYPE

1352n14ej.pdf (4.5 MB)

2INCH TYPE

1688J(レーザセンサー方式).pdf (1.4 MB)

1352n14ej.pdf (4.5 MB)

3INCH TYPE

1352n14ej.pdf (4.5 MB)

応用例

1352n14ej.pdf (4.5 MB)