Home > 製品情報 - レゾルバ/シンクロ > VR形レゾルバ(シングルシン)

VR形レゾルバ(シングルシン)

厳しい環境条件でも安定した性能を発揮できるセンサです。

Singlsyn(シングルシン)は高温・振動・衝撃に強く、高い信頼性を持つ超薄型の角度検出器です。 ロータにコイルをなくしたことにより、ローコスト化、高信頼性を実現したVR形レゾルバです。ロータ鉄芯を特殊な形状にし、ロータ鉄芯とステータ鉄芯間のギャップの変化により、出力電圧の振幅変化を発生させています。ビルトインタイプの超薄型構造のため、組込みスペースの最小化を可能にしました。
(Singlsynは当社VR形レゾルバの登録商標です)

VR形レゾルバ(シングルシン)

特長

耐高温
温度範囲 -40~+150℃
耐振動・衝撃
振動:196m/sec2(20G)、衝撃:980m/sec2(100G)、湿度:相対湿度90%以上
高速回転
30,000min-1、大口径タイプは12,000min-1以上
超薄型
ビルトインタイプの超薄型構造のため、組込みスペースの最小化が可能。
低コスト
従来のレゾルバと比べて部品点数が1/10となり、低コスト化を実現させました。
絶対位置角度および速度検出
R/D変換器Smartcoderを接続することにより、Singlsynのアナログ出力信号をデジタル位置(角度)信号および速度信号へ変換することができます。位置信号は、電気的1サイクルの範囲内を絶対位置(アブソリュート)で出力します。

ラインナップ

リード線タイプ: 2X-VRX,3X-VRX,4X-VRX
端子ピンタイプ: 2X-VRX,3X-VRX,4X-VRX
大口径タイプ : 2X-VRX

※軸倍角2~10X、外径Φ290mm前後まで対応可能です。詳細はお問い合わせください。



VR形レゾルバ(シングルシン)に関するお問い合わせ・各種窓口

  • 購入
  • 製品・技術
  • その他
  • 該非判定書