多摩川精機株式会社

多摩川精機株式会社

会社案内TOP

清爽な空気、豊かな人材、ここには先端技術のベースがあります。

サーボコンポートネント

民需産業機器

航空・宇宙・防衛関連機器、モータ・センサ

創業の経過と目的

飯田市近郊の山村出身である当社創業者、萩本博市(M39〜S49)(1906〜1974)は、昭和の初め青雲の志に燃え上京、東京高等工業学校(蔵前)(現 東工大)に学び、同校を卒業後、元竃k辰電機製作所に入社、同社の発展に寄与しました。

昭和13年、農業中心の郷里の発展はそのスイスにも似た自然環境からしても精密機械工業の導入振興しかないことを確信し、独立、昭和17年飯田市に飯田工場を開設しました。今でこそ農村の振興は工業化が一般的な施策として常識となっていますが、当時萩本博市は時代を先取りする先見性とその実行力により日本における農村工業振興の第一人者となり、長野県南端の当地にメカトロ化の第一歩を踏み出しています。その後自ら鍛えた優秀な若者を次々に独立させ、着々とその創業目的である当地方の工業振興を推進、多大な貢献をしました。

これらの数多くの協力工場が多摩川精機の原動力となり、さらに伊那テクノバレー発展の大きな推進力となり現在に至っています。

社名の由来

東京蒲田の多摩川の近傍に昭和13年に創立したことにちなみ、多摩川精機株式会社としました。

商品(技術)と4つのやさしさ。

お客様によろこんでいただける世界一の商品(技術)を開発し、4つのやさしさ(満足)を提供できる企業を目指します。

商品(技術)と4つのやさしさ。

▲このページの上へ